坂口 眞弓 副会長Sakaguchi Mayumi

今、薬局のあり方が議論されています。
保険調剤を主とする形態から、今後は「かかりつけ薬局・薬剤師としての基本的機能」と「積極的な健康サポート機能」をあわせ持つ、地域住民の健康づくり支援に寄与する薬局が求められてまいります。

わたしは現在、千葉大学大学院 医学薬学府 博士課程に在籍しています。研究テーマは「薬局の新しい役割」です。
自局の検体測定室を利用した健康支援のイベントや小学生の薬剤師体験、乳児の親子対象のお薬教室を開催しながら、地域住民へ「薬局における健康支援」について発信しています。

また、来局者の不安や健康トラブルを「気づいて つなげる」ことを近隣の医薬連携を利用して進めています。
「気づく」ことは生活習慣病、認知症、希死念慮とさまざまですが、それを家族、介護者や医療・介護・福祉の連携を使い適切につなげていきたいと思います。
薬局発信のこの取組が、本組織を利用して全国に広がることを願っています。

卒業大学 共立薬科大学 卒業
千葉大学大学院 医学薬学府 博士課程 在学
職歴 ・東京大学医学部附属病院 薬剤部 勤務の後
・みどり薬局、みすじ薬局、ゆうま薬局 開設
・東京薬科大学 客員教授
現在の所属
役職・所属学会
・一般社団法人 浅草薬剤師会 会長
・一般社団法人 日本女性薬局経営者の会 副会長
・一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会 代議員
・日本アプライド・セラピューティクス学会 評議員
・日本医療薬学会
・東京生薬協会
現在力を入れていること
得意分野
浅草の薬局の娘として生まれ育ち、こどもの頃から、薬局が地域住民の相談場所であることを見て育った。現在は、多くの薬局が調剤を中心の業務に変化しているが、わたしの薬局は「街の保健室」として地域から信頼される薬局・薬剤師を目指して努力している。得意分野はOTC医薬品を介してのセルフメディケーション。現在、アプライド・セラピューティクス学会の委員として「OTC薬、プライマリケアを対象とする薬剤師の臨床判断ワークショップ」を開催している。また、みどり薬局に設置した検体測定室を利用しての生活習慣病の早期発見、地域医師会との連携による早期治療開始、管理栄養士との協働による生活習慣病予備軍の行動変容に力を入れている。プライマリ・ケア連合学会では、認定薬剤師制度委員会、多職種協働のあり方委員会に所属し、プライマリ・ケア認定薬剤師の育成、多職種で学ぶ生活習慣病についての研修会を企画運営している。著書
南山堂:日本プライマリ・ケア連合学会 薬剤師研修ハンドブック
南江堂:ここが知りたかったOTC医薬品の選び方と勧め方
秀和システム:よくわかるOTC薬の服薬指導
秀和システム:よくわかるハイリスク薬の服薬指導
南山堂:季刊誌レシピ「OTCを科学する」シリーズ